近年注目されているオーガニックは安心で安全なことが大きな特徴です。よく食べ物などで使われていいますが、化粧品や歯磨き粉でも使われています。これらの定義は食べ物と違って販売している会社によって異なっています。共通点として化学農薬や合成添加物を抑えて必ず1種類はオーガニック成分を使っています。体に優しいので赤ちゃんから高齢者まで不安なく使えます。

選ぶときの基本として成分をチェックすることがあります。特にオーガニック成分が多いものが良いです。ただ、成分が1種類でも入っていると名乗ることが出来るので、実際はパラベンなど化学物質が多く含んでいても付いていることがあります。成分に関してもかなりたくさんありますが、天然と表記されていたりエキスといった表記の成分、聞いたことがある植物や食べ物の名前があるときはオーガニック成分といえます。

海外製のものが多いですが、中には日本製のものもあります。ある商品は甘くて優しいフレッシュなシトラス味で、歯磨き粉で多いミントが苦手な赤ちゃんから子供、女性や妊娠中や授乳中、化学合成成分が苦手な人や経口摂取したくない人におすすめです。

日本製でもベルギーのブリュッセルに本部があって国際的な認証機関NATRUEの認証を取得しています。フレッシュで美味しいゆずやオレンジ、レモンのフレーバーで虫歯になりやすい小さい子供の歯磨きや、女性の家庭や職場で口のエチケットとしても適しています。飲み込んで安心のネオナイシンを配合していて天然由来原料を100%使っています。50mlで約2か月分持ちます。

コンパクトサイズになっていて化粧ポーチなどにも入るので、勤務先などでも気軽に使えます。一つだけで歯磨きと口内保湿に使えます。ブラッシングをしながら洗浄して歯垢を除去し、虫歯や口臭を防いで清潔にします。ネオナイシンが口腔内を洗浄し、ドライマウスになりやすい口腔内を健康に保ってくれます。シトラス系なのでフレッシュでさわやかな味ですっきりでさっぱりした爽快感が続きます。

オーガニック歯磨き粉は大体合成界面活性剤を使っていないものが多いです。合成界面活性剤は味覚を変えてしまうことがありますが、それを含んでないので安心です。
使ってないものだと虫歯菌を除去して口臭を防いでくれる天然緑茶エキスを配合したものや、天然香味料を使ってさわやかな使用感があり、合成界面活性剤(ラウル硫酸ナトリウムなど)をはじめ、合成甘味料サッカリンや防腐剤不使用なものもあります。また、塩化ナトリウムの働きで歯茎を引き締めて歯槽膿漏や歯肉炎予防、香味料として天然ハーブエキスを使った商品などもあります。