ホワイトニングは専門的な知識と技術のある歯科医医師でなくても、必要な道具さえあれば自宅でも簡単に行えます。どうやれば歯を白くすることが出来るのか見ていきましょう。マウスピースに薬剤を塗って一定の時間そのままにしておく方法と歯磨きの要領で薬剤を塗る方法・薬剤が付いたテープを歯に貼り付けておく方法があります。

マウスピースを使う方法ですが、人によって歯の形は異なりマスカラ最初に歯科医院で型を取って、歯型に合わせたマウスピースを作ります。マウスピースが出来上がるまではおよそ1週間から2週間程度かかります。マウスピースが出来たならば、塗り込む薬剤を処方してもらいます。後は歯磨きをして汚れを通してから、薬剤をマウスピースに塗って歯に装着します。装着する時間ですが数十分から2時間程度装着すれば良いデイタイプと寝ている間はずっと装着しておくナイトタイプがあります。薬剤の効き目が強いのはデイタイプですが、起きている間に装着していなければいけないので不自由な部分もあります。時間がかかってもナイトタイプであれば起きている時間はマウスピースを使う必要はないのでナイトタイプを選ぶ人が多いです。

歯磨きのように歯を白くするタイプは、何も装着する必要はなく普段の生活と変わらぬスタイルでホワイトニングが出来ます。このやり方だと歯を白くするための成分としては弱いものになってしまうので、期待するほど歯を白くすることは難しいでしょう。ホワイトニングが一般的になっているアメリカの歯磨き粉は、過酸化水素や過酸化尿素といった成分が入っているので効果が高まりますが、日本では市販されてません。もしもアメリカの製品を手に入れたいのであれば個人輸入のようにネットで取り寄せることになります。

最後にテープですが、薬剤を歯に染み込ませるということではマウスピースを使う方法と理屈は同じです。マウスピースを購入する手間は要らず、使い捨てのホワイトニングテープを数十分ほど貼り付けるだけです。問題は薬剤を「塗る」のではなく「貼る」ということなのでテープに触れている部分と触れていない部分が出来てしまうことがります。テープに触れている部分は薬剤が浸透して白くなりますが、そうではない部分はそのままになるので歯の色がモザイクのようになってしまう可能性があります。

どの方法が良いのかというのは、使う人の好みによりますからそれぞれのメリットとデメリットをよく理解した上で試してみましょう。ホワイトニングは専門的な知識と技術のある歯科医医師でなくても、必要な道具さえあれば自宅でも簡単に行えます。どうやれば歯を白くすることが出来るのか見ていきましょう。マウスピースに薬剤を塗って一定の時間そのままにしておく方法と歯磨きの要領で薬剤を塗る方法・薬剤が付いたテープを歯に貼り付けておく方法があります。